軽量落水桝(田んぼダム)

軽量落水桝(田んぼダム)とは

流域治水の一つとして、田んぼのもとからある湛水機能を活用しようという取り組みです。

排水調整機能がある排水桝を設置することで大雨時、一時的に田んぼに水を溜つつゆっくりと排水することで、河川・排水機場への負担軽減を図ることができます。 また、ダムや河川改修等の大型工事に比べ、安価かつ迅速に設置することができます。

図・写真のように、田んぼから流出する水量を抑える効果があります。

流出量のピークを低減させて、ゆっくりと排水することで水害被害の軽減が期待できます。

流域治水とは

近年、地球温暖化等の影響による気候変動で、降雨量の増大や水害の激甚化・頻発化が見られます。

今後さらに増えていくであろう水害被害を軽減させる為に、集水域から氾濫域にわたる流域全体の関係者(国・県・市町村・企業・住民等)の協働で流域全体の既存施設を活用し、水害を軽減させる治水対策のことを「流域治水」と言います。

※詳細は国土交通省のWebサイトをご覧ください。

軽量落水桝 田んぼダム

  • 前面堰板のスライドにより普段水の管理が容易
  • 2枚の堰板によりゴミが詰まりづらい構造
  • 側面の波型と凹凸が土との密着と止水を高める

ロート型堰板

  • 1枚の角落しにロート型形状の堰板と木製堰板を合わせて使用し、普段水調整と田んぼダム機能を両立
  • 特殊なロート型とすることで、ゴミつまりしにくい
  • 既存の角落しのあるコンクリート桝等にロート型堰板を取付できる。(加工必要:要相談)

関連動画